1

Sorry, this entry is only available in 日本語.

Read more...

1

東北大学大学院教育情報学研究部 教授 渡部 信一(わたべ・しんいち) 渡部教授が取り組んでおられる「伝統芸能デジタル化・プロジェクト」について、その成果などを教えてください。 「伝統芸能デジタル化・プロジェクト」は2段階に分けることができます。2002年から2007年までの活動と2007年以降の活動です。2002年から2007年までは、神楽などの伝統芸能の舞を、モーションキャプチャーを活用して保存し、さらにそのデータをもとにCG化して継承支援に役立てる試みを行ってきました。八戸市の神楽士の方の協力をいただき、とても素敵な、完成度の高いモーションキャプチャーができました。神楽士の方にもその出来栄えには満足していただきましたし、継承支援にも一定の成果がありました。 しかし、それではまだ完全ではありませんでした。ご協力いただいた神楽士の方にも指摘を受けたのですが、2007年の段階でできたモーションキャプチャーは、神楽などの伝統芸能の「世界観」および師匠や神楽士の「思い」が、十分に伝わるものではなかったのです。そこで、2007年以降の活動では、その点のデジタル化に挑戦しました。神楽を舞う舞台や神楽が実際に行われる神社の境内の様子、さらには、江戸時代の八戸の街の様子などもデジタルによって表現しました。こうすることによって、デジタル化による、舞の「動き」の保存に留まらず、その背後にある「世界観」や神楽士の「思い」といったものも後世に伝えることができるようになりました。これらの活動は、拙著『日本の「わざ」をデジタルで伝える(大修館書店 2007)』にまとめたので、興味があったら読んでみて下さい。 「伝統芸能デジタル化・プロジェクト」を始めようと思ったきっかけを教えてください。 もともと私が基礎としている学問は「教育学」です。しかし私は「教育」を、一般的な「教える」という視点からではなく、「学ぶ」という視点からとらえることに関心がありました。そのようななかで注目したのが伝統芸能や民俗芸能です。日本の伝統芸能は、その継承の過程に特徴があります。師匠が弟子に対して一方的に「教える」のではなく、弟子の側から師匠の技を「学ぶ」という側面がみられるのです。 伝統芸能や民俗芸能は、非常にアナログな世界です。そのような世界に最先端のデジタルテクノロジーを持ち込むことにより、人間とテクノロジーの関係、自然とテクノロジーの関係など、さらには、教育現場にコンピュータやインターネットなどのテクノロジーを持ち込むことのメリットやデメリット、注意点を明らかにしようと思いました。そのような背景があり、「伝統芸能デジタル化・プロジェクト」をはじめました。 今後の、「伝統芸能デジタル化・プロジェクト」の展望について教えてください。 現在取り組んでいるのは、東日本大震災により被害を受けた地域の伝統芸能・民俗芸能の保護活動です。震災による人的被害や物的被害により、多くの文化財が被害をうけました。そのなかで、有形文化財は一定の保存活動が行われ、保護がなされています。一方で、無形文化財は、その性格上なかなか保存活動に至りません。そこで、いままでの、モーションキャプチャーを用いた伝統芸能・民俗芸能の保存活動で得たものを、この活動に活かすことで、それぞれの地域に昔からある無形文化財を保存していければな、と思っています。 人物紹介 渡部 信一(わたべ・しんいち) 東北大学大学院教育情報学研究部 教授、博士(教育学)。 神楽、ハワイアンフラ、中国雑伎、韓国伝統舞踊など、様々な伝統芸能や民俗芸能を対象として、モーションキャプチャを活用することにより保存・継承(教育)支援することが目的とした、「伝統芸能デジタル化・プロジェクト」に取り組んでいる。 その他にも、デジタル、日本文化などを対象に、「超デジタル化時代」の知的スタイルを提案する活動を行っている。 関連リンク: http://www.ei.tohoku.ac.jp/watabe/index.html

Read more...

1

アイデアプラント 石井力重(いしい・りきえ) -なぜ、アイデア創出を始めたのか- 私は1999年に、東北大理学部物理学科を修士で卒業後、商社に入りました。 学者になりたいという思いがあり大学院に進んだのですが、自分より周りの優秀な存在に気づき、マスターコースで卒業をしました。 でもその時、自分よりも優秀な人間の存在に気づくと共に、いくら優秀でもほんの一握りの人間しか物理学でほそぼそと食べていくことしかが出来ないという問題に直面したのです。そこで科学技術の良い所をビジネスチャンスに変えるための能力を身に着けたいと思い、商社に就職しました。 しかし、就職した製造業系の商社では、「産業の空洞化」というさらに大きな問題に直面します。国内工場の海外移転などが進み、縮んでゆく産業の中で、競合他社と案件を奪い合う日々が続きます。シェアNo.1の企業でも案件を取っても赤字、No2, 3の企業は大赤字でした。俗にいう「毒まんじゅう」状態。食べないとおなかが減るけど、食べればお腹が下る。 私も商社での仕事はとても忙しく、ひっきりなしに働いていましたが、自分の父親と同世代の工場の主任技師さんも同じくらい働いているのです。 少ない案件を競り合って受注するのでメーカーとしてどんなに良い物を作っても、赤字案件が続く。補うためにたくさん仕事をいれて夜中までフラフラになりながら働く。これでは日本のものづくりは良くならない。ーそう感じたのです。 何が問題かというと、「産業が縮小していく事」が問題だと考え、この問題を何とかしたいと思いました。 そこで、すでに娘も居たのですが、2004年に商社を辞め東北大の大学院で学び始めました。 もともとお金が溜まったらMBA(Master of Business Administration;経営学修士)を取得するつもりだったのですが、日本のものづくりを良くしたいとの思いからMOT(Management of Technology;技術経営、技術の商業化を狙う学問。)を専攻しました。 ここでは2年間、新産業創造戦略やハイテクベンチャーの創造要因等を研究しました。 大学院を終えた後は産学連携に携わる事になります。 NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)という所でフェローを勤め、宮城県のベンチャーに派遣されました。簡単に言えばここでの仕事は、産学連携によってベンチャーや技術系中小企業さんの新事業創出をサポートする仕事です。 そこで、ヒントを得て起業、今に至ります。 -創業のキッカケ- 産学連携の仕事をする中で、仙台では産学連携のニーズはないと言われました。 というのも、仙台というのは特殊な地域で、非常に多くの大学が存在する場所です。 なので企業の数に比べ大学の数が多い仙台では、大学から企業へのアプローチが多い、飽和状態だったのですね。産学連携が必要だという企業は既に充分やっている。 そこで言われたのが、「シーズ(ビジネスの種となりそうな技術等のこと)はもう要らない。新事業開発を手伝うなら、シーズではなく、ビジネスアイデアの状態のネタを持ってきて欲しい。新事業のネタ作りからいっしょにやって貰わないと困る。」と。 さらに、企業におけるアイデア発想の必要性を知ります。 例えば: 創業者や創業期のメンバーは創造性が高いので、沢山アイデアを出せる傾向にあります。 しかし、創業から30年くらいたった企業では、普通の社員は入ってから10年来新しいことをやった経験がない。やりたいなという気持ちがあっても、新事業開発のやり方が分からない。また、創業期のメンバーは引退が近いので、労力がかかることはやりたくない。 だから、他のメンバーは発言数が少なく、社長ばかりが張り切ってしまい新事業開発に繋がらない。ーという事がよくあるのです。 そういう企業に入っていって、アイデア創出のプロセスを手伝う。という事をやりました。 また、日本創造学会という学会に所属していたのですが、面白いことをやっている人間が居ると注目して頂き、ブレインストーミングのトレーニングや本格的な創造技法のレクチャーを受けることが出来ました。 さらに言えば、実は2004〜2006年まで、アイデアプラントという企業の前身として、名前の同じアイデアプラントという学生のスキルアップのための組織をやっていたので、ある程度のやり方や雰囲気は分かっていました。 とは言ってもやはり事業として始めた頃は失敗も多かったのですが、経験を積む中で沢山のそしてその中でも良質なアイデア出しをサポートできるようになっていきました。NEDOのフェローの任期満了後は、それまで駐在先で私が展開していた「アイデア創出の支援事業」をアイデアプラントという形で独立させ更に発展させていきました。 想いとしては日本の持つ大きな資源である「知の蓄積」をもっと活用して「日本のものづくり産業を何とかしたい」というところから始まり、現代の開発の現場では、開発の初めにコアとなる優れたアイデアの創出が非常に求められているという事実を知り、 この国を力強く発展させていくような新産業の創出に資するような「アイデア創出の支援」を使命と定め、創業しました。 -発想は特殊な技術ではない- 私の専門は「創造工学」というものなのですが、昔から取り組まれていて今なお未踏領域の闇の深い分野です。創造工学を一言で言いますと、人間が本来持っている創造性を”意図的に”使うための知見や手順です。 そうしたことをベースにアイデア創出の支援の仕事をやっていますが、たまに発想力豊かな人に会うと「発想法なんて人から習わなくても、アイデアなんていくらでも出てくるよ!」なんて言われることもあります。この意見、僕は正しいと思います。人には本来高い創造性が備わっていて、誰かから発想の方法なんて習わなくても、自然とアイデアが出るはずなのですね。 ただ、いつもはアイデアをよく出す人も、たまに調子が悪くアイデアが出にくい時はあります。そういう時に、どんな物事の考え方や思考プロセスでアイデアが出るか、を知っていると、スランプにならずにすっと本調子に戻せます。こういう再現可能な創造的思考の手順や創造的な心理様式の醸し方を明確にしたものが創造工学です。 また、ビジネスマンの中には、プランを叩いて強くしていくようなロジカルシンキングが優勢な人もいます。そういう人は、削っていくのはうまいが、発想力を使って新しいコンセプトを思いつく作業は苦手と感じているということがよくあります。こういう人にも効果的な、具体的なアイデア創出の技法があります。 いずれにしても、アイデアを創出する技術(あるいは、もう少し平たく言えば、発想技法)というのは、クリエイティビティ―という才能や芸術的な感性をインストールするようなものではなく、「そもそも人に備わっている創造力」を引き出して明示的に使う方法なのです。 -活躍の場が日本中、最近では世界まで広がっているのに、なぜ仙台を拠点として働くのか- 僕は生活の質、QOLをとても重視しています。その中で娘たちの存在が大きいですね。 娘が生まれた当時の東京は治安が悪いイメージがあったのもありますが、子供の成長において、森や山から吹く風を嗅いだり、清流の流れる川辺に遊んだりして、人の心は育つのだと強く思っているので、緑のある場所が良かったのです。 妻も僕も大学時代、仙台でした。2人が青春時代を過ごした場所であり、縁がある場所でした。 仙台の街は、半分都会、半分自然。ここで心豊かに暮らそう。と決めていました。 生活の質という点で、自分が知っている中では最善の選択肢が仙台でした。 もうひとつ言えば、もし東京に居を構えていたら、顧客のほとんど首都圏にしてしまったと思います。 仙台に住むことで、仕事のたびに数日分の着替えを持って新幹線にのります。目的地が、東京でもどこでもあまり変わらずに感じ、結果として全国を旅してまわるような仕事スタイルになっています。一度仙台を離れるといろんな街の企業や大学を訪ねながら3000キロ以上、列車で旅路を行くこともあります。こういう生活をして、年間で100日以上ビジネスホテルに泊まっていますが、やはり東北、仙台に帰ってくるとほっとしますね。ああ、やっぱりここが僕のホームタウンだって。 -東北のものづくりは- 東北のものづくりの性質は、古よりの思考体型というよりも、近代のものづくりの影響を大きく受けていると考えています。 [...]

Read more...

1

WAWA Project Director Masato Nakamura Sensing Art in Daily Life When you think of art, you may automatically associate it as something belonging to museums and galleries. But you know, that’s not how it’s meant to be. Even in this precise moment, you can feel art flowing everywhere, if you really put your senses to [...]

Read more...

1

Chairman of “The Green Tide Embankment Promotion Association in Tohoku” Chief Priest of the Rinnoji Temple Douryu Hioki The Green Tide Embankment I first started planting trees with Professor Akira Miyawaki, an emeritus professor at Yokohama National University, in 2003. At that time, we had to cut all the cedar trees along the approach of [...]

Read more...

  • 1
  • 2

Facebook

Twitter

google+

What is TEDx?

In the spirit of ideas worth spreading, TED has created a program called TEDx. TEDx is a program of local, self-organized events that bring people together to share a TED-like experience. Our event is called TEDxTohoku, where x = independently organized TED event. At our TEDxTohoku event, TEDTalks video and live speakers will combine to spark deep discussion and connection in a small group. The TED Conference provides general guidance for the TEDx program, but individual TEDx events, including ours, are self-organized.