2014 Speakers

セザール・原田 (セザール・ハラダ)

Protei.org、発明家・環境活動家

セザール・原田の信条は、「石油流出や放射能汚染といった、人類にとって最悪の災害も、海洋の流れや風力、その他の自然現象から独自のインスピレーションやヒントを見出し、解決策を探ることができる」というもの。フランス系と日系の文化背景を持った発明家であり、TEDシニアフェローとしても活躍。また、効果的に石油やプラスチックを海から回収するためのオープン・ハードウェア「Protei」(前方に設置された舵と柔軟な船体を持つセーリングロボット)をコラボレーションを通して開発。現在は香港に拠点をおきつつも、最近は日本にも足を運び、沿岸の放射能レベルを測定する新たな技術を開発中。

(写真:TEDxSummitのFlickrページより)



千葉 伸一 (ちばしんいち)

経営者、有限会社松華堂代表

1975年、宮城県松島町生まれ。

団塊ジュニア世代の経営者。2005年 ni vu ni Connu cafe、2007年 cafe Loin、2010年 松華堂菓子店をオープン。震災後の2011年8月には仲間と共に地元のお祭り松島流灯会海の盆を起ち上げる。2012年、そのお祭りがグッドデザイン賞を受賞。2013年には被災して廃墟になってしまった cafe Loin でジョルジュルースアートプロジェクトを仲間と共に行う。バブル崩壊や東日本大震災の被災というものを経験して辿り着いた「ゆたかさ」を軸にして新しい経営を考えている。その経営方法が評価され農林水産省食料産業局長賞を受賞。



吉田 和哉 (よしだかずや)

東北大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 教授

東北大学教授・極限ロボティクス国際研究センター(CREATE)センター長。1960年、東京都生まれ。

東京工業大学大学院修了後、東京工業大学助手、マサチューセッツ工科大学客員研究員、東北大学助教授を経て、2003年より工学研究科教授。宇宙ロボットの力学と制御を専門に、宇宙ロボット技術試験衛星「おりひめ・ひこぼし」の軌道上実験、小惑星探査機「はやぶさ」、東北大学地球観測衛星「雷神」「雷神2」「雷鼓」、原発対応ロボット「Quince(クインス)」の開発、月面探査ローバーの開発などに参加。フランスに本部を置く国際宇宙大学の非常勤教員として海外での宇宙教育活動にも積極的に取り組んでいる。



塩沼 亮潤 (しおぬま りょうじゅん)

慈眼寺 住職、大峯千日回峰行大行満大阿闍梨

宮城県仙台市秋保の慈眼寺住職。

過去1300年で1人しか成し遂げられなかった、1日48kmの険しい山道を千日間歩き続ける「千日回峰行」を満行。その後、9日間の断食・断水・不眠・不臥の中、20万編の真言を唱え続ける「四無行」を満行する。命懸けの行を乗り越えた偉人が説く教えは、国内のみならず世界中で反響を呼んでいる。仏教の教えである”思いやりの心”、日本の”和”のこころを東北の地から世界へ、説く。

関連リンク:
http://shionuma-ryojun.jp/
http://shionuma-ryojun.jp/digitalbook.html



麻生 菜穂美(あそうなほみ)

芸名:若柳梅京(わかやぎばいきょう)

津田塾大学国際関係学科卒。日本舞踊直派若柳流理事 。

米国留学経験を生かし、ソニー、ハナエ・モリ・インターナショナルなどの国際企業を経て1990年からオリンピックに携わる。97年スイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)でサマランチ会長の下勤務し、調整役として活躍。2000年からはITビジネスにも携り、現在はスポーツ、音楽、街おこし等のイベントプロデュースも手掛け、マーケティング・コンサルタントとしても活動中。また日本舞踊家「若柳梅京」として国立劇場など国内外の舞台に多く立ち、イタリア、アメリカ、オーストラリア、中国、カナダなど世界各地で国際文化交流も積極的に行っている。白石市では数年来、全小学4年生に日舞を基本とした日本文化を指導しているほか、能楽堂での子供講座では英会話も取り入れ、将来の国際人養成に力を注いでいる。

白石市社会教育委員(宮城県表彰)、白石市文化協会副会長、白石市伝統芸能振興会副会長、白石北ロータリークラブ2012~2013年度会長
関連リンク: www.baikyo.com



引地 恵 (ひきちめぐみ)

一般社団法人 WATALIS 代表理事

宮城教育大学大学院卒業。大日本印刷株式会社勤務を経て宮城県亘理町職員となり、社会教育主事・学芸員として地域づくりや民俗調査に関わる。2012年3月に退職し亘理町に一般社団法人 WATALIS を設立。地域に受け継がれる返礼文化や感謝しあう価値観・縫製技術をものづくりを通して世界に発信し、亘理発のグローバルブランドを創る。亘理町史民俗編調査・執筆者。平成26年度内閣府地域活性化伝道師。
平成25年復興庁主催 REVIVE JAPAN CUP 大賞、eco japan cup入賞。
第3回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション「女性起業震災復興賞」受賞

関連リンク: http://watalis.jp
関連リンク: https://www.facebook.com/Watalis



水野 千夏 (みずのちなつ)

株式会社せん 代表取締役

大学卒業後、都内の企業に就職した後、地元秋田での起業を決意し秋田にUターン。
秋田の「食」をプロデュースする会社に営業として務めるなかで、秋田県で観光振興と伝統文化の継承を思い立ち2014年4月、観光、伝統文化コンシェルジュ事業を行う、株式会社せんを設立、代表取締役に就任。
現在は秋田美人の産業化を図るため、「会える秋田美人」の実現に向けて、昔秋田に存在していた川反芸者の文化を、秋田の新しい資源として形成する為に「あきた舞妓」として、あきた舞妓育成・派遣事業を展開している。



高橋 博之 (たかはしひろゆき)

東北食べる通信 編集長

岩手県花巻市生まれ。
農家や漁師が自分で値段を決められない日本の食べものづくりの仕組みに疑問を感じ、5年間岩手 県会議員を勤めるが、現場の思いをそのまま汲み取ることができない政治の世界に限界を感じて引退。 「自称」漁師の右腕などを経験した2年にわたる被災地放浪の後、2013年にNPO法人東北開墾を設立。毎号東北の志ある生産者を特集する“史上初の食べ もの付き情報誌”東北食べる通信を創刊からわずか1年で購読会員数1300人超のユニークなオピニオン誌に育てあげる。今年の春には同様の試みを全国に広 げるべく、日本食べる通信リーグを創設。農家や漁師がプロのアスリートのように、食べる人に“喜び”と“生きる力”を与え、高く評価される「憧れの職業」になることを目指している。



浅見 直輝 (あさみなおき)

任意団体十人十輝代表・早稲田大学社会科学部3年

中学時代に1年半の不登校を経験。
当時は昼夜逆転、日々12時間以上ネットゲームに没頭。変わりたくても変われない自分に苦悩し、自暴自棄となり、自殺未遂等で自分を痛めつける生活を送る。しかし、不登校の頃に迷惑をかけた祖父を謝る事なく亡くし、恩返しとして誓った早稲田大学合格を果たす等、不登校だからこそ出来た事も経験する。そして現在は自身の不登校経験を原動力とし、全国にいる約18万人の不登校生に不登校だからこその可能性を形にするきっかけを提供すべく「任意団体『十人十輝(じゅうにんといろ)』」を立ち上げる。フリーペーパー「不登校だから、世界が広がった」の制作、不登校オープンキャンパスの開催など多数のプロジェクトを展開している。



福田 久美子 (ふくだくみこ)

株式会社デジタルブックプリント 経営者

良質な水産物が水揚げされる岩手県大槌町で、漁師の娘として育つ。
東京都内でIT関係会社の起業後、美味しい水産物が食べられる食事処『伝左衛門』をオープン。大槌産の農林水産物を販売する朝市を開催するなど、大槌の魅力を日本中に伝える活動を行う。2008年に大槌で株式会社デジタルブックプリントを設立。ITから印刷、運送など幅広い分野を取り扱う。しかし、東日本大震災によって施設設備が全壊流出。一時業務が困難になるが、2011年11月大槌町内の仮説復興団地で電子入力業務を再開。大槌産の食材のブランド化に向けた取り組みも再開し、水産物の鮮度を保つ画期的な輸送方法『旬感保冷大槌復興絆便』を開発。この取り組みが評価され、平成25年度復興庁主催REVIVE JAPAN CUP大賞を受賞。



過去のスピーカー
2013 | 2012


Facebook

Twitter

google+

What is TEDx?

In the spirit of ideas worth spreading, TED has created a program called TEDx. TEDx is a program of local, self-organized events that bring people together to share a TED-like experience. Our event is called TEDxTohoku, where x = independently organized TED event. At our TEDxTohoku event, TEDTalks video and live speakers will combine to spark deep discussion and connection in a small group. The TED Conference provides general guidance for the TEDx program, but individual TEDx events, including ours, are self-organized.